東京で会社設立しよう - 東京で会社設立するには

東京で会社設立しよう

東京は日本でもっとも経済が活発な地域であり、ここに会社設立することを目標にしている人も多いのではないでしょうか?
ただたくさんの企業が集まって来ることもあって計画的に進めていかなければあっという間に廃業に追い込まれる可能性もありますし、ひとつひとつの作業を確実にやっていくことを意識しなければなりません。
そこでここでは東京で会社設立するにあたり、その手順と覚えておいたほうが良いことを紹介したいと思います。

はじめに会社設立の手順ですが、一般的に会社設立となると株式会社を選択する人が多くなります。
また最近では会社設立で合同会社という新しいスタイルでスタートする人も増えており、事実上株式会社か合同会社のどちらかを選択することになるでしょう。
基本的な手順はふたつともそれほど大きな違いはありませんが、かかる費用が異なりますのでその点は覚えておいてください。

まず最初にやることは基本的な部分である会社名・会社の所在地・事業内容を決めることで、ここが決まらなければ手続きをスタートさせることはできません。
順番は事業内容をはじめに決め、その後会社の所在地、会社名という流れで決めていくとスムーズだと思います。
事業内容を決めるときには同時に資本金がどれくらい集められそうなのかも調べておく必要があり、それによって会社の規模が決まります。
身の丈に合わない規模の会社にしてしまうとスタートからピンチになる可能性が高く、結果的に失敗してしまいますので、できるだけ余裕のある状態でスタートできるように準備してください。

次に会社の機関設計を完成させたら、定款と呼ばれる書類を作成します。
定款とは会社のルールブックのようなもので、あらゆる決まり事を記載し残しておくものなのでとても重要な書類です。
定款は公証役場で紙によるものと電子定款の2種類あって、紙の定款だと収入印紙代が40,000円かかるのに対して電子定款は0円ですから、電子定款のほうがお得です。
ただし電子定款の場合、専用のソフトを使用する必要があり、専門的な知識がなければ難しいので作成は専門家に任せたほうがいいかもしれません。

そして定款が完成したら資本金の払い込みを行い、登記書類の作成をします。
登記書類はそれほど難しいものではありませんが、申請時にNGにならないためにも専門家に任せる人も多いです。
登記書類が完成したら法務局で登記申請を行い、そこで問題がなければ会社設立手続きはひと段落したと言っていいでしょう。
あとは税務署へ開業届を提出したり、事務所を借りる場合は賃貸契約、インターネット回線の契約など会社ごとに必要な手続きをしていくことになります。

以上が会社設立までの簡単な流れになりますので覚えておいてください。
それでは会社設立時に覚えておいたほうがいいことについてですが、まずは会社設立のサポートをしてくれる代行業者のことは調べておいてください。
会社設立の代行業者とは定款の作成をはじめとした各種手続きに必要な書類の作成や代理申請をしてくれる業者のことで、初めて会社設立する人のように知識があまりないなら利用価値は大いにあります。
また、手続きの時間が取れない、できるだけほかのことに時間を使いたいという場合にも利用されます。

こういった業者の中には弁護士や行政書士、税理士といった資格を持つ人が所属しているところも多く、会社設立手続きから経営のサポートまで幅広く対応しているところも多いです。
会社をスタートするにあたって、税金関連のことを税理士と顧問契約して任せるのが一般的ですし、各種書類作成を行政書士に任せることもありますので、顧問契約を前提としているなら専門資格を持っている人が所属する業者を利用したほうがいいでしょう。
逆に最初の書類作成だけお願いしたい場合は、顧問契約を前提としない業者を利用してください。

そして会社設立の代行業者のほかにも補助金・助成金については覚えておきたいところです。
補助金・助成金は条件を満たしていれば返済不要でお金を出してもらえるので、資本金が足りない場合や人材育成にお金をかけたいときには大いに役立ちます。
これらのお金は国や地方自治体から出されることがほとんどですが、民間団体でも出しているところがあります。
申請方法はどこから出しているかによって異なる場合がありますから、ホームページなどをチェックして申請してください。
ほかにも経営について学びたい場合、そのためのセミナーなどを主催している団体もあって、そこでまず経営を学んでから会社設立するという人もいます。
セミナー参加にあたり助成金が出る自治体もありますので、参加してみる価値はあると思います。

このように会社設立はただその手順を知るだけでなく、スムーズな経営ができるような準備をしておくことが大切です。
そこがしっかりできていれば軌道に乗るのも早く、計画通りに進めることができるのではないでしょうか?